登録団体からのお知らせ

登録団体名
 登録No.134 俳句会 金木犀 俳句会金木犀

最新情報                                                            
句会報告
今月は句会お休みですので臨時号外版として’’俳句展示会’’の予定を掲載します。
【日時】平成30年8月25日~26日(2日間)
【場所】福生市輝き市民サポートセンター2階にて
【内容】‶輝きhands to hands2018‶に昨年同様俳句の展示で参加します。
    弥生先生と会員12名の俳句を3句/1人で計39句掲示する予定です。
    以下のものが掲示予定の俳句群です。
①鰹木の金の卍や霧時雨 
②一山の守護神の蛇とぐろ巻く
③畦塗の角の曲線艶光り


①行く春や叶えたきこと置き去りに
②援農の雑魚寝のやどの雨蛙
③賽銭の音に貌だす蜥蜴かな


①朝の月照らせる道や初仕事
②夏木立写し上水流れゆく
③夏空をかき回し飛ぶヘリコプター


①緑蔭を抜けて生まるる影と行く
②欠け茶碗八十八夜の香り飲む
③白南風や国歌流るる横田基地


①檜原の列なす豆腐屋滝凍る
②土色の土蔵崩れて柿若葉
③高句麗の大廟守る牛蛙


①歓声も想定内の蛍かな
②明日咲こう鬼百合重き日暮れかな
③公園の日傘の向こう母子の声


①まだみえぬ川面に映る木の芽かな
②秋深き城跡に立ち夢の跡
③涼しげに熱唱したる高齢者
弥生
弥生
弥生


公子
公子
公子


節子
節子
節子


仁正
仁正
仁正


珠江
珠江
珠江


和之
和之
和之


眞一
眞一
眞一
①峡の里歩幅狭めて聴く初音
②飛ぶ鳥の点となりゆく初御空
③蛇行する河の閃き夏来る


①ドアノブにトマトの袋主待つ
②墓石の冷めきらぬままかすみ草
③十薬に裾が触れたか香りたつ


①地鎮祭見守る人や麦の秋
②手ばかりに目方量るやメロン狩り
③早苗田や明るくなりぬ八ケ岳


①浮雲や黄金色なり棕梠の花
②梅雨晴や街路樹の影映る道
③川縁の菜畑包むや朝日燦


①熟れトマト買ふと寡黙に並ぶ人
②夏燕往復葉書に願い込め
③リフォームの部屋に一服黄水仙


①羅を着こなして行く法事かな
②流灯の帯は海へと伸びにけり
③丘陵の天文台や秋の雲



玉記
玉記
玉記


その子
その子
その子


万里子
万里子
万里子


政芳
政芳
政芳


桂子
桂子
桂子


悦子
悦子
悦子
次回句会 【日時】平成30年9月21日(金)午後1~4時
【場所】福生市輝き市民サポートセンター
      *8月は夏休みとし句会は休会とします 
 
今後の
活動予定

1.俳句展示のご案内
   市民活動の広場に参加します。8月25(土).26(日)の二日間、福生市プチギャラリー2階にて
   大勢の方のご来場をお待ちしております。
2.会員募集のご案内
   毎月、見学・無料体験者のお越しをお待ちしております。
   お越しの際は講師より俳句作りに当って「最低限の約束事」の説明を
   無料で行っております.

講師紹介 沢田弥生先生  俳人協会会員 、 「燎」同人
           NHK学園あきる野ルピア講師
      句会の様子          2017年俳句展示会       あきる野市広徳寺にて吟行
             
 

団体の紹介
目的 句会・吟行や作品展示を通して広がる人の和、活動の輪を
目指します。四季折々の自然と親しみながら俳句作りの楽し
みを得て人生に潤いと繋がりを作ります。
ボランティア活動の一環として毎月一回有料老人ホームにて 句会を開催しています。
活動内容 ほぼ毎月句会形式で講師の指導を仰ぎながらも俳句を
学習します。毎月の句会時ご見学・無料体験参加を歓迎
しますのでご興味をお持ちの方はご遠慮なくお越しください。
また、一年に一回以上、吟行をします。
活動日時 毎月第3金曜日 午後1時~4時
活動場所 福生市輝き市民サポートセンター
問合せ 電話・FAX 042-552-7840
代表者 菊地玉記
ホームページ
メールアドレス

更新日: 2018年8月14日 更新担当者:   原



 
  Copyright(C) 2005 Fussa city All right reserved. 福生市輝き市民サポートセンター