登録団体からのお知らせ

登録団体名
 登録No.134 俳句会 金木犀 俳句会金木犀

最新情報                                                            
句会報告
【日時】平成30年12月21日(金)午後1時~4時
【場所】福生市輝き市民サポートセンター
【内容】今月は納句会を兼ねた句会となりました。参加者は11名(内1名は
    俳句のみ)での句会でした。最初に講師の先生より一年間俳句を
    続けてきたこと、続けられたことに感謝したい。皆さんご立派です
    とのお言葉を頂きました。句会はいつもの様に提出4句/1人の計
    44句の中から各自5句選句し(特選1句並選4句)披講する。
    最後に講師の選句結果と全部の句に講評と添削をして頂きました。
    講師の選句結果は特選3句、並み選27句でした。

講師特選  3句


③ 
 上水を跨ぎ冬木の影長し       公子
 思ひきり引きて短き大根かな    玉記
 炭坑節床の軋みも年忘れ       仁正

講師コメント
             
①  〝跨ぎと影長し"の言葉に冬の日差しや朝か夕方の時間帯であろうこと等
   その時の情景が読み手に良く伝わりました。  
②  大きな大根だと期待して抜いたら小さかった、がっかり残念との作者の
   思いが共感出来ます。
③  作者が床を軋ませて楽しく踊っている様子とか少々古びた会場での忘年会を
   想像させます。

並選句中の多くの会員が選んだ 3句
 ・
 ・
 ・ 
小春日の八幡宮の雅楽かな
引越の祝に届く笊に柚子
シルエットの富士際立ちて冬茜 
眞一
政芳
万里子
     
他の会員の句
 ・
 ・
 ・
 ・
 ・
平成の年を惜むや遥か富士
蒼天や駅への道の水仙花
蓮台の大日如来初時雨
細やかに手足伸ばすは干蒲団
渓谷のオールの飛沫紅葉散る
桂子
節子
悦子
和之
しづ子
  
    
次回句会 【日時】平成31年1月18日(金)午後1時~4時
【場所】 福生市輝き市民サポートセンター 
今後の
活動予定

1.俳句展示のご案内
   現在未定です
2.会員募集のご案内
   毎月、見学・無料体験者のお越しをお待ちしております。
   お越しの際は講師より俳句作りに当って「最低限の約束事」の説明を
   無料で行っております.

講師紹介 沢田弥生先生  俳人協会会員 、 「燎」同人
           NHK学園あきる野ルピア講師

         

輝き hands to hands 2018 会場にて        立川記念公園にて吟行               句会の様子
 

団体の紹介
目的 句会・吟行や作品展示を通して広がる人の和、活動の輪を
目指します。四季折々の自然と親しみながら俳句作りの楽し
みを得て人生に潤いと繋がりを作ります。
ボランティア活動の一環として毎月一回有料老人ホームにて 句会を開催しています。
活動内容 ほぼ毎月句会形式で講師の指導を仰ぎながらも俳句を
学習します。毎月の句会時ご見学・無料体験参加を歓迎
しますのでご興味をお持ちの方はご遠慮なくお越しください。
また、一年に一回以上、吟行をします。
活動日時 毎月第3金曜日 午後1時~4時
活動場所 福生市輝き市民サポートセンター
問合せ 電話・FAX 042-552-7840
代表者 菊地玉記
ホームページ
メールアドレス

更新日: 2018年12月26日 更新担当者:   原



 
  Copyright(C) 2005 Fussa city All right reserved. 福生市輝き市民サポートセンター