登録団体からのお知らせ

登録団体名
登録No.134 俳句会 金木犀 俳句会金木犀

最新情報                                                              
句会報告 【日時】平成29年3月17日(金)午後1時~4時
【場所】福生市輝き市民サポートセンター
【内容】沢田先生より、先月下旬に立山連峰が望める富山から石川加賀の芭蕉も泊まった山中
     温泉を経て福井の三国東尋坊まで著名な俳人の句碑を訪ねて行かれた(吟行か?)
     北陸の旅の話があり、春の季節感を充分味わうことができたご様子でした。
     今月は参加9名の句会となりました。
     提出4句/1人の計36句の中から各自5句選句し(特選1句並選4句)特選句について
     は最後に感想も発表する。
     前回と同様最後の講師選句発表まで作者は名乗らないことにしました。講師の選句結
     果は特選句3句並選句27句でした。
       
  講師特選句  3句
  ①老木にきざむ歳月梅真白    公子
  ②啓蟄や起こせし土に来る小鳥 政芳
  ③春浅し大海原を白き舟      節子
  
 講師コメント
  ①老木のごつごつ感(黒)と咲いた梅の爽やか感(白)の2種類のコントラストが鮮やかで
    よい。
  ②起こせしの表現で起こして間もない土に何かを見つけて鳥が来たのが想像できる。
    啓蟄やの季語が生きている。
  ③春とは言えまだポカポカではない海にヨットなのか白い船がキラキラ輝いている様子が
    うかがえる。春浅しの表現が大変良い。

 並選句27句中多くの会員から選ばれた俳句2句 
  ・春日和腰はくの字と野良仕事  仁正
  ・老梅の幹割れてなほ満開す   珠江

 他の会員の句
  ・駅ごとに変はる天気や春の旅  万里子
  ・カーテンを開け鶯の声を追ふ   ソノ子
  ・雪洞の少し傾ぐや雛の壇     桂子
  ・金縷梅や奥の細道説く講義    玉記
次回句会 【日時】平成29年4月21日(金)午後1時~4時
【場所】福生市輝き市民サポートセンター    
今後の
   活動予定

1.俳句展示のご案内 
   現在未定です
2.会員募集のご案内
   毎月、ご見学・無料体験者のお越しをお待ちしております。

講師紹介 沢田弥生先生  俳人協会会員 、 「燎」同人
           NHK学園あきる野ルピア講師

       句会の様子           2016年イベント      殿ヶ谷戸庭園にて吟行
       

団体の紹介
目的 句会・吟行や作品展示を通して広がる人の和、活動の輪を目指します。四季折々の自然と親しみながら俳句作りの楽しみを得て人生に潤いと繋がりを作ります。
活動内容 ほぼ毎月句会形式で講師の指導を仰ぎながらも俳句を学習します。毎月の句会時ご見学・無料体験参加を歓迎しますのでご興味をお持ちの方はご遠慮なくお越しください。
また、一年に一回以上、吟行をします。
活動日時 毎月第3金曜日 午後1時~4時
活動場所 福生市輝き市民サポートセンター
問合せ 電話・FAX 042-552-7840
代表者 菊地玉記
ホームページ
メールアドレス

更新日: 2017年3月21日 更新担当者:



 
  Copyright(C) 2005 Fussa city All right reserved. 福生市輝き市民サポートセンター