登録団体からのお知らせ
   読み上げ速度

登録団体名
登録No.44 ドイツ平和村をサポートする会 Peace in Smile

最新情報

ドイツ国際平和村からニュース
9カ国の子どもたちが
平和を願うパーティを楽しみました


 2018年12月30日、毎年恒例となった平和を願う「フリーデンスフェスト」が開催されました。この日、ドイツ国際平和村の子どもたち、スタッフ、ボランティアスタッフ、インターン生がともに歌い、踊り、笑い、時を過ごしました。

 プログラムの一番最初は、ドイツ国際平和村スタッフが、子どもたちのために作詞した曲の発表でした。これには、子どもたちも大喜びで拍手がなりやみませんでした。続いて、子どもたちによるダンスや歌の発表です。最後には、小さな子どもたちがクリスマスの曲にちなんでLEDのライトをろうそく代わりに使い、素晴らしい発表をしてくれました。
 皆で夕食を食べた後は、お待ちかねのプレゼントの時間です。ドイツ国際平和村のスタッフが朗読をしながら、一人ひとりにプレゼントを配り、全員にプレゼントが届くと、それぞれ受け取ったプレゼントにとても大喜びです。アンゴラの小さな女の子は、プレゼントでもらった人形をスタッフに見せながら、「この子、トイレに行きたいの」とドイツ国際平和村の子どもが渡独時に習うトイレのジェスチャーを人形にさせていました。

 2018年、様々な形でドイツ国際平和村を支援してくださった皆様に、この場をお借りして、心より御礼申し上げます。

※詳細はこちらを参照ください。 平和村ニュース


お越しいただき
ありがとうございました
 2月9日(土)・10日(日)の2日間、「ドイツ国際平和村の子どもたち」写真展を開催しました。初日は雪が降り足元が悪いなか、お越しいただきありがとうございました。今回の写真展は、ドイツ国際平和村の設立から現在まで振り返り、平和村の3つのミッションを柱に、子どもたちの様子と笑顔を紹介しました。
 10日には「リレートーク〜思いをつないで〜」を行い、ゲストスピーカーとして元ボランティアの尾崎真祐子さん、浅川真希乃さんを迎え、子どもたちとの生活の中で感じ得た想いなどを話していただきました。
 遠くからお越しいただき、多くの寄付金をお預かりしました。寄付金につきましては、後日ドイツ国際平和村へ送金させていただきます。

*下記に、当日撮影しました写真を掲載しました。


資料パネルを貸し出します。
 ヒロシマ・ナガサキ「原爆と人間」
 資料パネルを貸し出します。ご希望があれば、ご連絡ください。

例会
次の日程で行います。
・3月24日(日)午後4時00分
 会場は輝き市民サポートセンター
見学希望される方はお問い合わせください。

  「ドイツ国際平和村の子どもたち」写真展 当日の様子
   

 


団体の紹介
目的 会員相互で学び、国際的視野を広げていきます。自らが直接世界各地に出向くことはできなくとも、日本にいながら世界の地域の人々と手を結んでいくことを目指します。
ドイツ国際平和村の活動趣旨を理解し、いろいろな方法で平和村の取り組みを多くの人に伝え、共に平和について考えること、賛同者の協力による財政的サポートも目指します。
活動内容 ドイツ国際平和村の最新情報を知り、国際状況について学習しています。 また、ドイツ国際平和村の実情を多くの人に知ってもらうために、イベント(事業)など企画実施しています。
活動日時 毎月1回例会 不定期
活動場所 イベント(事業)によって異なります。
例会は、福生市輝き市民サポートセンターにて
問合せ TEL/FAX 042-552-6313
代表者 秋山典子
ホームページ ドイツ国際平和村 日本語版HP
http://japan.friedensdorf.de/
メールアドレス frdnsdrf_naj08@ybb.ne.jp

更新日: 2019年3月9日 更新担当者: 高崎


 
  Copyright(C) 2005 Fussa city All right reserved. 福生市輝き市民サポートセンター